一人暮らしの引越し、注意点は?

私はもう家族を持っていますので今後一人暮らしの引越しをすることはないかと思うのですが、我が子にとってはそれをする日が遠くないかもしれません。そこでこのページでは一人暮らしの引越しの際の注意点や料金について調べたことをまとめていきたいと思います。

 

進学や就職なので新たに一人暮らしを始める場合は、荷物がそれほど多くなく(おそらく新品の家電は引越し先で買うことが予想される)新居も広くない可能性が高いため、単身パックで十分に事足りそうだなと感じました。

単身パックというのは決められたボックスの荷物をできるだけ詰めたものを業者が運んでくれるサービスです。

また、私が調べただけでもこれだけの一人暮らしをする人向けの単身引越しプランが各社では用意されているようです。そのプラン名と内容と金額の目安をざっくりと書くと・・・

 

  • 日通の<単身パックS><単身パックL>・・・ワンルーム程度に対応 近距離で16,000円~
  • サカイ引越センターの<せつやくコース><ご一緒便コース> 10,000~20,000円程度
  • アート引越しセンターの<おまかせパック><学割パック><レディースパック><シニアパック> 10,000~16,000円程度 
  • クロネコヤマト引越センター<単身引越しサービス> 12,000円~
  • 三八五引越しセンター<シングルパックM><シングルパックL> 15,000円~
  • カルガモ引越しセンター<単身引っ越し・子ガモプラン> 19,800円~
  • ハトのマークの引越センター<小鳩パック>

 

このように多くの引越し業者が一人暮らし向けのプランを複数展開していることがわかりました。

単身引越しを安く済ませるコツは、荷物量が少ないと言ってもできるだけ少ないに越したことはありませんので新たにそろえるものは引越し先で購入することです。
また、もともと安いプラン設定ではありますが時期を繁忙期からずらす・長期休暇や土日休日からずらすなどすることでさらに費用を抑えることが可能なようです。

 

さらに引越し侍のような比較サービスを利用することで、単身の引越しも比較して安い業者を見つけることが可能ですので、まだ引っ越し業者を決めていない人は一度使ってみることをおすすめします。

→無料で利用できる比較サービスの引越し侍はこちら

 

© 2020 引越し rss